『論より証拠』 やぶちゃん納得ブログ

ダイエットには食事制限がつきもの

  • 投稿日:
  • by

ダイエットっていうと、「あれ食べちゃだめー。これ食べちゃダメー」っていうのがあるんでしょ?と言われます。そういうイメージってありますよね。

「〇〇しちゃだめ」「▲▲は食べちゃダメ」と言われると「〇〇」とか「▲▲」のことばかりが頭に浮かんできます。

以前、施術をしないで、ナカメルールだけをやってみようとしたHさん(男性)がいました。Hさんはもともとあまり食べなくて大丈夫な体質で一日一食という日もあるという話でした。

でも、10年前から比べると体重が増えて、お腹が出てしまったのが悩みでした。そこで「ナカメルールをやってみる」と始めたのでした。

そのルールの説明を聞いた時から「お好み焼き」「やきそば」「ピザ・パスタ」の看板が目について仕方ないんです。

と言うのです。それまで、「お好み焼き」「やきそば」「ピザ・パスタ」など、特に食べたいと思ったこともないのに、「ルールに反するから食べちゃいけない」と思った途端、食べたくなって、その看板ばかりが目について、「食べられない自分」が残念・・・と思うようになってしまった。とのこと。

ダイエットを始めると、誰もが陥るトラップです。

「〇〇はダメ」と言われると「〇〇」のことばかり考えてしまう。こんなに我慢しなくちゃいけないなら、ダイエットなんかしなくていい。と思ってしまうかもしれません。

確かにナカメダイエットには食事ルールはありますが、それは、長年かけて実績のもとに積み上げられたデータのようなものです。

統計学や占いのような側面もあります。
「B型の取り扱い説明書」に書いてあるB型の性格が全てのB型の人に当てはまるでしょうか?

私はO型で、「おおざっぱ、楽天的」と言われますが、そうでない側面もありますし、逆に几帳面なO型の方も知っています。

「こうじゃなくちゃいけない」という呪縛から離れることができた時に、ダイエットもスルスルとうまく回っていくのかもしれません。

神戸のサロンの押切先生もブログでこう書いています。

?ダイエットチェック表は完璧に白丸にする必要はありません。
また、主食抜きは主要ルールであっても、●が付いてしまうのがダメということではないんですよ。
要は●が連続で付くのはとどんな時が、どうすれば回数を減らせるか、を考えるきっかけになればいいんですよ。

正直、現時点では私の話もわかっていなくてもいいんです。頭の片隅になんとなく入っていればそれでいいです。

きっと実際にやってみないと、『なるほど~』とは腑に落ちないですからね(^_-)

やっぱり『やってみて・試してみて』と、行動パターンに変化をつけるかどうかも自分次第です。

ナカメ式ダイエットは外食の多い方やグルメな方なども成功されています。
主食を摂ったからといって、特別何か対策を練る必要もありません。

不安からマイナス思考になったり、悲観的になることは良くあることです。
でも、ナカメ式ダイエットでは罪悪感を持つことや、後悔は必要ないですよ。

また、『更に前向きに頑張らないと』と、気持ちを強く持つことも必要ないです。

Aさんは、十分考えて一歩進めています。あとは『やってみる』それだけです!(^^)!

『やるからにはきっちり守らなければならない』という思い込みの呪縛。からAさんを解放し、

1月から約4カ月間のナカメ式ダイエットで、11号から9号へサイズダウン(27歳 160センチ)体重は68.5キロから60.9キロへ。体脂肪率は、35.7%から33.6%に。その後、月に1回のメンテナンスを上手に利用しながら、卒業時より4か月経過した現在の体重は更に落として58.0キロ。体脂肪率は、30.3%へ
と導いた押切先生の言葉が、ナカメダイエットで多くの人が楽しいダイエット生活している秘訣を表しているのではないでしょうか。

ナカメ式下半身ダイエット専門整体サロン静岡店 公式サイト
http://diet-seitai.k-will.co.jp/

中目黒下半身ダイエット専門整体サロン 公式サイト
http://www.diet-seitai.com/

?054-639-7039 電話は問い合わせのみお受けします。

施術中などで電話に出られない場合もありますので、shizuokadiet@gmail.com メールをくださればありがたいです。

初診予約はこちらからお願いします

womoビューティーからお店の情報をチェックhttp://shizuoka.womo.jp/beauty/shop/index/ID/152

下半身ダイエットお申込み

【論より証拠】のナカメダイエットってどんなダイエット