『論より証拠』 やぶちゃん納得ブログ

元彼に会ってみたことあります?

  • 投稿日:
  • by

「『雪の宿』って知ってます?あれ、好きなんですよね。無性に食べたくなることがあって」
というOさんに対して、スタッフ小原は

「元彼に会ってみたことあります?」と聞いてみた。

昔の彼はいい思い出しか残っていない...ことが多い。
「あの時は〇〇へ行ったな~」
「誕生日に△△△もらったな~」
「二人でよく行ったお店のパスタ美味しかったなぁ」
などなど、楽しかった、嬉しかった思い出ばかりが浮かんでくる。

すごく、さみしくなって、久しぶりに元彼に連絡して会ってみると、
「あ~ぁ、この人は、やっぱりこんなだったんだ~。」
と、がっかりして、さめてしまうことが多い、との小原の体験談。

だから、

『雪の宿』も食べてみればいいんですよ。
それも、た~くさん。「もう、いい」って思えるくらいに。

と小原は勧めたとのことでした。

今は「ダイエット期間中だから、食べない。我慢する」と決意して、自分の欲求を抑えていると、ダイエット終了!!となった解放感から、ドカ食いが続いて→→→リバウンドとなるのが常です。

ナカメでは、ダイエット期間中だからこそ、その「欲求」を満たすための「過食」は止めない。
食べたい想いがつのる時の過食のすすめ」でも、ボスは同じことをいっています。

「食べてはいけない、我慢しよう」と思うと、「食べたい気持ちは募る」
人間の当たり前の反応ですね。ナカメはその「欲求」を抑え込まない。

ナカメは逆だ、頑張れなくて当たり前、我慢できなくて当たり前、努力できなくて当たり前、と考える。

意識に置く前提が違う。自然で当たり前だと考えられる方を意識に置く。
だから、頑張れなかったとしても当たり前、我慢できなかったとしても当たり前となるから潜在意識で感じられる負の感情で苦しむことは無くなる。自己嫌悪→後悔→→反省→決意のサイクルは不要になる。

とナカメのボスのブログにも書いてあります。

冒頭の「雪の宿と元彼」の話ですか゛、

「でも、元彼に会って、『焼けぼっくいに火がついたら』どうすればいいんですか?」
という質問が出るかもしれませんね。

つまり、一度食べたら、やめられないんじゃないか...という不安です。

それは、未来志向の質問なので、ナカメ的には「やってみて下さい」という回答がスタッフからあることでしょう。
ただ、「食べるなら、『もう、いい!!』と思うくらい...ね。ケーキなら、1ホールとか食べて下さい。」という言葉を添えてですが...。

ナカメ式下半身ダイエット専門整体サロン静岡店 公式サイト
http://diet-seitai.k-will.co.jp/

中目黒下半身ダイエット専門整体サロン 公式サイト
http://www.diet-seitai.com/

?054-639-7039 電話は問い合わせのみお受けします。
初診予約はこちらからお願いします

womoビューティーからお店の情報をチェックhttp://shizuoka.womo.jp/beauty/shop/index/ID/152

下半身ダイエットお申込み

【論より証拠】のナカメダイエットってどんなダイエット