『論より証拠』 静岡ダイエットブログ

我慢や頑張りでは、ナカメ式下半身ダイエットは実現しない

  • 投稿日:
  • by

中目黒本店では7日から8日の昼にかけて10名の新規のお客様がお申込みをされたという記事が11日の記事にありました。

ナカメサロン静岡店も新年を迎え6人の新規のお客様が下半身ダイエットをスタートされています。

初回にナカメ式について説明をするのですが、その会話の中で
「今までのダイエットと全然違う」「今までは何だったの?」
ナカメにいらしたお客様がよく漏らす言葉です。

俗にいうダイエットの常識のようなものがありますが、ナカメルールはよくあるダイエットとは違います。

常に進化しながら、ナカメのお客様が実績を出してきたルールです。

今回はそのナカメルールについて書かれた一文をご紹介します。

ナカメルールの1つ1つにもちゃんと意味があってナカメダイエットが出来てからの経験と実績から足されたり・・・詳細になったりと・・・。より確実に痩せる為に必要不可欠なんです。

それが守れない・・・お肉にあきた・・・そんな状態になったら休憩なんです。何故なら我慢しちゃいけない、頑張っちゃいけないんです。

これは、ナカメサロン大神宮店の成田先生がお客様にあてたメールの一部です。
全文はこちらからご覧ください。

「ルール」というと「守らなければいけないもの」のような気がする場合があります。
ナカメのルールは交通ルールと同じようなものだと考えるとわかりやすいかもしれません。

時速40㌔で走る鉄の塊である「自動車」が、走りたいように好きなように走っていたらどうなるでしょうか?日本では、車は左側通行、歩行者は右側通行と決まっています。それを守るからこそ、車社会はスムーズにいくし、生活の安全は守られる。

ナカメのルールも交通ルールと同じです。淡々とそのルールを守るだけです。そうすると、スムーズに目的地に着けるというルールです。ただ、それが一般的にいわれているダイエットのルールとは違うというだけであって、「頑張って」ルールを守ってもなかなか結果が出ないという類のルールとは違うというだけです。

ナカメルールは、自然に下半身ダイエットできる原理から導き出した原則だ。マニュアルのような細かいものでもなく、体験したことをチェックする簡単なリストにしてある。今日一日を振り返えるため。昨日の結果と今日の結果を比べるためのものだ。

ナカメのボスはこのように言います。

ナカメ的に見たら
ダイエット=『我慢』『頑張り』は思い込み。ナカメは『べき論』のような規範的なルールに無理して行動を合わせることは勧めない。それでは我慢や頑張りを生む。我慢や頑張りでは、ナカメ式下半身ダイエットは実現しない。

新年になって、年末年始を過ごしたのに、結果を出されてきたお客様の嬉しいお話がサロンに響くのを聞いていると、「頑張ってる、我慢している」ようには聞こえないです。スタッフも私もそんなお客様の声を聞くたびに、幸せ感に満たされる毎日です。

ナカメサロン静岡店HPオープンしました。 http://diet-seitai.k-will.co.jp/

?054-639-7039 電話は問い合わせのみお受けします。
初診予約はこちらからお願いします⇒? https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=143427

中目黒本店と同様<特別枠>設けました。
詳しくはhttp://diet-seitai.k-will.co.jp/menu.html

womoビューティーからお店の情報をチェック⇒http://shizuoka.womo.jp/beauty/shop/index/ID/152

下半身ダイエットお申込み

【論より証拠】のナカメダイエットってどんなダイエット